RTM LPR35 1/4インチ幅 7号プラスチックリール 1800ft



RECORDING THE MASTERS(レコーディング・ザ・マスターズ)のオープンリールテープ『LPR35 1/4インチ幅 7号プラスチックリール』です

低速(19.05cm/s、9.5cm/s)での録音に最適に設計されたスタンダードバイアスの音楽用ロングプレイ・テープで、一般の4トラック2チャンネル・レコーダーでの使用に最適なテープ”です

【仕様】
テープ幅:1/4インチ(6.3mm)
テープ長:1800ft(549m)
テープ厚:35μ(150番)
リール外径:7インチ(約18cm)
録音時間:38cm/s時:片面23分、19cm/s時:片面45分、9.5cm/s時:片面90分

Product code:R34511
Made in France


LPR35はドイツの総合化学メーカーBASFが1996年に最後に開発したアナログ録音用テープで、1967年にBASFが世界で初めて開発したローノイズ・ハイアウトプットテープ「PES35-LH」から続く150番LHテープであるLPRシリーズの最終型です。製造はEMTEC、RMG、PYRALと引き継がれた後、現在はフランスのMULANN(ミュラン)社により、『RECORDING THE MASTERS(レコーディング・ザ・マスターズ)』のブランドで製造・販売されています

一般のオープンリールデッキで使用する場合、テープポジションは「LH/ローノイズ・ハイアウトプット」のポジションでご利用下さい。お持ちのデッキに「BASF LPR35LH、AMPEX 407/457、Scotch 207/218」の指定があれば、そのポジションでご利用下さい(厳密に言うと違うのですが大きな問題はありません)

【LPR35を使用する場合のテープポジション例】
TEAC  X-10R/X-20R  BIAS=1 EQ=2
TEAC  X-1000R     LH-1
AKAI  GX-77/GX-747  ノーマルポジション、BIAS ADJUST=マイナス2
AKAI  GX-635      ワイドレンジポジション
SONY  TC-R6/TC-R7-2   BIAS=MID EQ=FrCr
Technics RS-1500U/1506U  BIAS=2 EQ=2
DENON DH-510/610S/630S BIAS=0 EQ=4or5
     
【推奨バイアスセッティング’】
STUDER、TASCAM、OTARIなどの業務用機でご利用の場合(ヘッドギャップ値0.25,mils)
19.05cm/s :4.0dB
9.53cm/s :4.5dB(ΔS6.3)

詳しくは当店のHPにある「オープンリールデッキ別テープ選び」のページでご確認下さい

LPR35のスペックシート(英文PDF)
販売価格
6,160円(内税)
購入数